FC2ブログ

シリーズ鎌倉の写真6

134号線周辺の写真を掲載します。この道は海のような雰囲気でもあり、海ではない微妙な立ち位置で、湘南っぽい雰囲気と、海産物系の雰囲気が混在するエリアです。寺社でも海でもない写真シリーズ。真剣に追いかけるというよりも、何かのおりに出来心で撮影したような写真です。

逗子マリーナ190906_002

鎌倉の東の外れという感じでもありますが、厳密にはわずかに逗子市にはいったところに逗子マリーナがあります。古都とも、漁師町とも違う海浜リゾート独特の雰囲気が漂うエリアです。少し早めに夕景の下見に向かうと、予定外の月が出ていたので、つい撮ってしまいました。

材木座海岸0907

一方こちらは確信犯。ほんのわずか西に移動しただけで、雰囲気はガラリと漁師町に変わります。鎌倉周辺はストレートな海の写真も撮影できますが、海といえば漁業の地ということでもあります。この網が何漁に使われるのかは分かりませんが、浜辺に干されていました。背景の富士山とともに、いかにも鎌倉の海という感じだと思っています。


ロンディーノ10_004


漁業の町から、再びオシャレな湘南の街へ。稲村ヶ崎の近くにあるタベルナロンディーノです。黒澤明や高峰秀子、三船敏朗を育てたことで知られ、グルメでもあった山本嘉次郎監督に「鎌倉で全国に誇れるレストランはここだけ」と言わしめたイタリアンです。今日のイタリアンブームの原点的な店ですが、随分長いこと「パスタなどというものはそんなに高級な食物ではない」と言って名店でありながら1000円という価格を守っていました。そんな店の姿勢に共感していたのですが、最近はご無沙汰しているので現在の価格は不明です。

白いビル13_004

行合橋のたもとにある複合ビル。「世界一おいしい朝食」で一世を風靡したBillsが入っているところですが、白い外観とサーファーのイラストがいかにも湘南らしい雰囲気です。すぐ前のセブンイレブンを訪れたときに発見したカットです。海を写さないで海を感じさせるカットというのも大好きな撮影イメージです。

タタミイワシと江ノ電12_006

腰越まで移動するとまた漁師町の雰囲気が漂ってきます。鎌倉では生シラスが大ブームですが、腰越の浜では漁獲量が多かった日には、釜揚げやタタミイワシを作ります。腰越一帯のワカメ干しやタタミイワシも海辺の古都鎌倉の風物詩です。この写真は江ノ電シリーズで使おうとも思いましたが、タタミイワシが主役ということでここに登場です。


片瀬東浜トイレ10_001


最後の写真は江の島の近く、こともあろうに公衆トイレの屋根です。こんなところにも湘南らしさを追求する行政の姿勢は大好きです。奈良では道路際の公衆トイレが寺社建築のようになっていたりします。余分な経費がかかりはしますが、街全体を面と捉えての雰囲気作りも観光地には大切だと思います。

テーマ :
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

haradahiroshi

Author:haradahiroshi
古都写真家・原田寛
鎌倉好き・和文化好きな方々と共に集うサークル「倶楽部 和」を主宰しています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク