FC2ブログ

シリーズ奈良の写真3

奈良の四季の写真です。一昨日に引き続き昨年撮影した中でのお気に入り写真。今回は寺社で撮影したものシリーズです。


長谷寺ボタン190428_028


まずは長谷寺のボタン。つい先日のGWの頃がシーズンですが、なかなかベストタイミングには出会えません。毎年のように通っていますが、今までにせいぜい3回くらいがまあまあの状態で、それ以外は空振りでした。そして、当たりの3回のうちでも、昨年の状態が一番良かったように思います。例年が状態が悪いのではなく、たまたまタイミングがズレているというだけだと思うと、地元でない歯痒さを感じます。


長弓寺アジサイ190616_012


ちょっとマニアックな写真ですが、個人的には擬宝珠フェチを公言していますから、そのシリーズの1枚です。背景の紫のボケはアジサイ、赤いボケは橋の欄干です。場所は奈良の西部、生駒山にも近い地域にある長弓寺。地元の人はいざ知らず、観光客はあまり訪れない寺ですが、アジサイが結構植えられていて、本堂の建物も国宝です。


弘仁寺シオン190924_007


紅葉の名所で名高い正暦寺のすぐ近くにある弘仁寺。イチョウ黄葉も見事ですが、何といってもシオンの寺。毎年秋には訪れていますが、いつも少し遅い感じで花の色が若干白っぽく感じていました。パーフェクトではないかもしれませんが、昨年は比較的花色が濃くて、やっと出会えたという印象でした。

 

飛鳥寺界隈ヒガンバナ190925_005


葛城一帯のヒガンバナはものすごい量感ですが、飛鳥はささやか。田んぼのあちこちにみられるのですが、いざ写真にまとめようとすると難物です。写真は飛鳥寺の本堂を背景に、ヒガンバナとともに秋の稔りを表現しようとしたカットです。イネを入れたことで、ちょっと寂しいヒガンバナの量感を感じないですみました。


円成寺紅葉191106_011


最後は京都との県境にある円成寺です。若き日の運慶作、国宝の大日如来で人気の寺です。国重文の楼門の開口部越しに浄土式庭園の紅葉を撮影しました。楼門の雰囲気がどこというわけではないのですが、とても気にいっていて、こんなマニアックな角度の撮影になりました。庭園は奈良県内に残る唯一の浄土式庭園ですから、当然楼門を背景に撮影しています。ただ、この寺の立地から、紅葉シーズンに訪れるといつも終わっていて、それに気がつくまで、随分空振りを続けていました。最近ここは11月の初めと決めてからは美しい紅葉に確実に出会えるようになりました。



テーマ :
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

haradahiroshi

Author:haradahiroshi
古都写真家・原田寛
鎌倉好き・和文化好きな方々と共に集うサークル「倶楽部 和」を主宰しています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク