FC2ブログ

シリーズ鎌倉の写真5

車両のない江ノ電写真がテーマです。鉄道写真の世界は、車両以外にも駅舎や踏切、レールや信号機など、鉄道好きの心にしみる被写体がたくさんあります。


070A0742.jpg


関東の駅100選の極楽寺駅で、小さいながらも雰囲気があるので人気です。駅舎は車両のない写真の定番中の定番。そしてこの駅ではサクラの季節以外には郵便ポストを入れるのが定番です。改札奥のわずかな隙間に無理して江ノ電をいれることもできますが、ほとんど目立たないので、どちらでも良いとおみます。今回はテーマが「車両のない」ですから、当然車両は入っていません。


3A6P2685.jpg


この角度だとどこで撮ったかが分かりづらいですが、御霊神社前の踏切です。「最後から2番目の恋」で小泉今日子がいつも渡っていた踏切です。江ノ電が写っているカットもありますが、そうするとどうしても車両が主役になりがち。浴衣だけが目立つので、夏の盛りの雰囲気が伝わりやすいのではないでしょうか。


3A6P0346.jpg


車両が近づいてきて信号機が点滅を始めた瞬間の踏切です。光線状態がまあまあだったのと、海の色が美しかったので、車両無しにしてみました。踏切の向こうがすぐ海というこの設定は、とても魅力的に感じます。


8.jpg


江ノ電は単線で同じホームに上り電車と下り電車の両方がきます。そのため、上下を間違えて乗らないように、どの駅にもこの表示板があります。ただ、鎌倉高校前駅だけは背景が美しいので、被写体になるということです。表示板の背後が134号線ですから、当然赤い車や黄色い車など、ビジュアル本意で待ち構えています。そんな中、偶然漁船が通過してくれました。


江ノ電171119_015


同じ駅の夕景です。太陽が沈む方向は季節によって変化しますが、その変化に合わせて写真を撮る人間は撮影場所を移動していきます。どこで撮影すれば太陽が富士山や江の島の周辺に沈んでくれるかということをいつも気にして撮影地を決めている訳です。この季節になると材木座や稲村ヶ崎のような海の夕陽の定番撮影地は季節外れになってしまいます。


江ノ電171119_027


S字状の線路、信号機の光、線路への映り込み、こんな些細なことが鉄ちゃんの心に響きます。私は古都を専門に撮影していますが、実は鉄ちゃんです。子供のころは「鉄道ピクトリアル」や「鉄道模型」という雑誌を定期購読していました。江ノ電の車両がいても良いのですが、いなくともこの雰囲気は好きです。


img343.jpg


こんなポイント信号機には痺れます。でも、きっと鉄道にあまり興味のない人は、何が面白いんだろうと思うかもしれません。撮り鉄の人はこういう写真が好きだと思いますが、最近は鉄女も多いそうです。江ノ電の場合には旅というほど大げさではないかもしれませんが、なぜかこんな写真は旅情を感じさせてくれます。



続きを読む

テーマ :
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

haradahiroshi

Author:haradahiroshi
古都写真家・原田寛
鎌倉好き・和文化好きな方々と共に集うサークル「倶楽部 和」を主宰しています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク