FC2ブログ

シリーズ鎌倉の写真4

鎌倉の魅力はいくつかの要素が重層的な点です。①寺社がたくさんあり②自然が豊かで③鎌倉文士の足跡が残されていて④ドラマや映画の聖地巡礼⑤美味しい店もたくさんあるなどです。そして江ノ電の魅力も忘れられません。かつて朝日新聞のWEBアンケートであなたの好きなローカル線というのがありましたが、見事全国第一位に輝いています。

 

1.jpg

 

鎌倉高校前駅の踏切を日坂(にっさか)から見下ろしています。サーファーが海辺の古都らしい雰囲気ですが、最近は後ろ姿でないと肖像権だ個人情報だと自警団がうるさいのですが、鎌倉高校の女生徒を添景に入れようなどとカメラを構えていると、すぐ学校の先生が飛んでくるそうです。また、最近は「スラムダンク」の舞台だということで、聖地巡礼の外国人の集団でいつもごったがえしています。

 

_MG_8129122404.jpg

 

江ノ電前線15駅のうちホームの柱が木製なのは3駅だけです。写真の長谷駅と鎌倉高校前駅、江ノ島駅です。木製というだけで、どこかノスタルジックな雰囲気が感じられます。鎌倉高校前駅の写真はよく見かけますが、柱が金属製の味気ないものだったら、人気の雰囲気は少し違っていたかもしれません。そんな魅力的な長谷駅が最近改修されました。ホームも改修されたらどうしようと心配していましたが、木製の柱は無事生き延びました。


3A6P0312.jpg 


江ノ電の写真としてはめずらしい俯瞰風景です。極楽寺駅近くの高台からですが、左手奥の海にヨットが写るように土日を選び、せめて緑だけでも美しくと思い今頃の季節に、そして江ノ電の車型も大切です。なにげない説明的に見えるようなカットでも、撮る側からすれば工夫のしどころはあるものです。

 

12_202005141344263b7.jpg

 

こんなイメージが先にあって、実際の撮影地を随分ロケハンしました。やっと見つかったこの場所は右を向いても左を向いても江ノ電が全く見えない場所。近づいてくる音だけではなかなかタイミングが合わずに、失敗写真の枚数だけが増えました。一度失敗すると12分またなくてはならないので、根気のいる撮影でした。

 

虚子碑と江ノ電13_002

 

この写真は説明がないと、どうして撮ったのかと思われてしまいます。作品アプローチではなく説明写真の部類にはいります。じつはこの場所、高浜虚子の旧居跡なのです。目立ちませんが、小さな石碑には「波音や由比ヶ浜より初電車」と虚子の句が刻まれています。ちなみに初電車は始発電車のことではなく元日の朝一番に走る電車のことだと、鎌倉文学館の学芸員から教えていただきました。

 

江ノ電171119_026

 

極楽寺検車区の夜です。稲村ヶ崎に夕景を撮りにいく途中でしたが、出遅れたために間に合わないと思い、目的地を変更して撮影した写真です。転んでもただ起きない精神は、思わぬ発見をすることがあり、とても大切だと思っています。

明日は、車両が写っていない江ノ電風景という変なテーマでお送りします。

テーマ :
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

haradahiroshi

Author:haradahiroshi
古都写真家・原田寛
鎌倉好き・和文化好きな方々と共に集うサークル「倶楽部 和」を主宰しています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク