FC2ブログ

シリーズ京都の写真6

昨日に続き京都の写真です。サクラや紅葉の写真は、一度のロケでかなり効率的に撮影ができます。一方、それ以外の被写体は、なかには何かのついでに撮影できるものもありますが、極端にいうとその一ヶ所のためだけに訪れるということもあり、AWAYの写真家を苦しめます。そんな効率が悪いことこの上ない被写体のシリーズです。

花尻の森落椿180406_015

洛中から三千院に向かう途中、目立たない森の中の光景です。京都の写真を撮っている人の間では知られた花尻の森という場所ですが、観光客が訪れることはほとんどありません。タイミング的にはほぼサクラと同じなのでなかなか訪れる時間がまりませんが、効率としては問題ない場所です。幸い雨や曇りがOKの被写体なので、サクラには向かない天候の時に訪れています。

勧修寺カキツバタとキショウブ160511_007

醍醐の花見で有名な醍醐寺のすぐ近くにある勧修寺(かじゅうじ)です。背景が林なので境内らしさは表現できませんが、カキツバタとキショウブ、、スイレンが境内で一斉に咲き誇ります。いつ訪れても拝観者は数組みだけという状態なので、静寂の境内を堪能できます。

楊谷寺アジサイ190620_001

光明寺や長岡天満宮の近くにある楊谷寺です。ものすごく有名ではないかもしれませんが、アジサイの株数がかなり多くて、この季節の撮影地としてはなかなか魅力的。細かいカットを含めるとかなりの写真が撮影できます。

両足院ハンゲショウ190621_020

アジサイとほぼ同じ頃に見頃を迎えるハンゲショウ。場所は建仁寺の境内塔頭・両足院です。日頃は非公開ですが、初夏と冬だけは特別公開されていて、観光客にもかなり人気の寺です。

廬山寺キキョウ180716_005

京都御苑のすぐ東側にある廬山寺。紫式部の邸宅跡で『源氏物語』の執筆地といわれています。花期が夏なので、祇園祭や五山送り火の撮影を兼ねて訪れています。京都でキキョウといえばこの寺か、東福寺塔頭の天得院という感じです。

大覚寺サガギク_013

紅葉撮影を兼ねて訪れても撮影できる年もありますが、基本的には紅葉よりちょっと早い季節がベストのサガギク。嵯峨野の大覚寺に、かなりの数の鉢植えが置かれています。花姿が特徴的ですし、とてもカラフルで魅力的です。嵯峨野一帯を歩いていると、地元の飲食店などにも鉢植えが置いてあり、この地特有のキクであることに愛着を持っていることが伝わってきます。

穴太寺界隈ヒガンバナ190926_008

亀岡の穴太寺(あなおじ)周辺の彼岸花です。私が知っている限りでは、京都で一番彼岸花が咲いている場所ではないかと思います。大河ドラマの影響で明智光秀の地元として注目されている地域です。

八瀬の紅葉14_0011

最後は紅葉になってしまいましたが、最近急に人気が沸騰している瑠璃光寺の近く、八瀬の山紅葉です。比叡山に登るロープウェイの山麓駅の近くでもあります。特に寺社を配置することはできませんが、春のサクラとともに好きな場所の一つで、靄が出ていそうな日に訪れるようにしています。

プロフィール

haradahiroshi

Author:haradahiroshi
古都写真家・原田寛
鎌倉好き・和文化好きな方々と共に集うサークル「倶楽部 和」を主宰しています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク