FC2ブログ

夕夜景撮影会

先日の夕夜景撮影会。あいにくの全天曇天で、こんな時の対策講座になってしまいました。でもイルミネーションに彩られた夜景はそれなりに撮影できて、まあまあの結果になりました。

稲村ヶ崎夜景191221_005

標準的なカットですが、ワイド目の撮影で周囲の照明の映り込みを意識して撮影しました。わずかな工夫ですが、それだけでも仕上がった写真の印象はだいぶ違ってきます。

稲村ヶ崎夜景191221_016

どうせなら、波打ち際の表情も生かそうとしたカットです。

稲村ヶ崎夜景191221_003

稲村ヶ崎夜景191221_020

そして次は思いつくままに、前景で変化を狙ったカットです。

稲村ヶ崎夜景191221_017

134号線を走る車両のライトを長時間露光で光条を表現したカット。稲村ヶ崎からだと江の島や富士山をいれるという常識に反抗しています。

稲村ヶ崎夜景191221_022

そして最後は波打ち際まで出て、映り込みを意識しました。今年の秋は海にこだわり続けましたが、その中で気がついた自分的には新しい撮影法です。こだわり続けて一番感じたのは、条件が悪くてもあきらめないこと。必然的に工夫をせざるをえないので、その結果新鮮なカットに出会える確率もそれなりにあります。でもこれは、寺社や花の撮影にも共通した心構えだと思います。ほんのちょっとしたことでも、新しい気付きがあると次の撮影にも意欲が湧くのではないでしょうか。







プロフィール

haradahiroshi

Author:haradahiroshi
古都写真家・原田寛
鎌倉好き・和文化好きな方々と共に集うサークル「倶楽部 和」を主宰しています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク