FC2ブログ

GW撮影

ついうっかりで、新年になってから2回目のブログになってしまいました。事務局に頼りきりで、せっかくの写真展情報も取り上げていない状態に反省しきりです。
今年は東京、京都の2ヶ所で写真展『古都櫻』を開催するため、準備の都合もあり関西への撮影旅を自粛していましたが、京都展の開催中は毎日5時起きして、写真展開場の11時までは京都のサクラを撮影三昧でした。そして、会場へは多くの方にご来場いただき、本当に感謝しています。東京展は倶楽部和会員や教室生徒が多数来ていただける思っていましたが、まったく予想外だったのが京都展。こちらもわざわざ関東から倶楽部和会員、教室生徒、学生時代の友人など、多くの知人にご来場いただきました。おかげさまで、大盛況裡に終了することができました。感謝、感謝です。
とはいえ、約2週間会場にはりつきだったので、とても疲れてしまいましたが、一段落するとまた撮影欲が盛り上がってしまい、早くも奈良にでかけてきました。大きな目的は二つ。行者還岳のなめご谷のサクラの定番カットがいまだ撮影できていないこと、そして、興福寺中金堂落慶がらみの新しい風景でした。
_J1A1069.jpg

_J1A0843.jpg

残念ながら今年のなめご谷はベストという状態にはならなかったようですが、それでも今までに撮影したカットよりはいくらかましな写真になりました。定番の写真はいくらでも美しい写真があるので、そこに到達するには、地元でないだけに苦労がつきものです。そして二枚目は写真展にも登場した写真の類似カットで、サクラの花数は格段に増えていますが、数が多ければ良いというものでもないようです。

_J1A0951.jpg

_J1A0975.jpg

そして二つ目の目的、興福寺の中金堂がらみのカット。上の写真は金堂の柱を額縁にした五重塔。ささやかな工夫ですが今まではなかった風景です。そして下の写真は南円堂前の藤棚と中金堂。もちろん金堂のみの記録撮影もしてきました。
急に思いたったため、何の準備もしていませんでしたが、考えてみればこの季節は奈良のベストシーズン。定番の場所をいくつか巡りました。
_J1A0858.jpg

まずは室生寺のシャクナゲ。今年は花の状態がベストではないのか、まだ少し早いのか、ベストショットというわけにはいきませんでした。
_J1A1030A.jpg

そしてもう一つの花名所、長谷寺のボタン。こちらは今まで行ったなかでは一番花数も多く満足でした。ここにたどりつくまで何年かかったかと思い返してみると、10年以上はたっています。
_J1A1023.jpg

そして今回思いついたカットがこれ。わずかな差ですが、今までは奥の擬宝珠から向こうを撮影していました。今回の方が現場の広がり感が表現できていると思うのですが、そのために無人にするのが大変で、早朝の再訪で実現できました。
_J1A1011.jpg

このカットは春日山ドライブウェーのいままで通ったことがない区間で撮影したもの。奈良北部からとしては珍しく大和三山が眺望できる場所にでくわした、拾い物カットです。
_J1A1127.jpg

2白3日の最終日に未練がましく訪れた船宿寺。ここのツツジ定番カットもいまだ満開に出会えていません。ただ。今回はオオデマリが見事で、山門を背景にツツジとともに撮影しました。左側の3本の木がちょうど良いアクセントになってくれました。









テーマ :
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

haradahiroshi

Author:haradahiroshi
古都写真家・原田寛
鎌倉好き・和文化好きな方々と共に集うサークル「倶楽部 和」を主宰しています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク