FC2ブログ

長谷の灯り

夏の夜を彩る「長谷の灯り」が今年も20日から26日まで開催されています。近年スタートした新しいイベントですが、江ノ電の努力の甲斐があって、年々バージョンアップしています。覚えている人も多いと思いますが、このイベントは初回、長谷寺のみでスタートしました。それが、2年目に高徳院が加わったことで、一気に勢いがつきました。まだ、ものすごい混雑というわけではありませんが、長谷一帯がライトアップされるという、類い稀なイベントなので、比較的静かに楽しめる今のうちが狙い目です。だんだん周知されてくると、長谷寺の紅葉ライトアップのようにものすごい人出になるのではないでしょうか。

01_201808231103384c7.jpg

まずは鎌倉文学館。当初は洋館のライトアップだけでしたが、芝生広場に灯りを置くようになって、とても華やかに。今年はその面積も広がりました。

02_2018082311033984b.jpg

そして、ついでのカットは文学館へ通じる道。ここも暗いと足元が不安なので照明されています。

03_201808231103419d0.jpg

何といっても鎌倉の象徴だけに、鎌倉大仏のライトアップは魅力的です。4本のレーザー光線は、大仏殿の四角と想定される場所から光を発しています。

04_20180823110343eba.jpg

そして、今年はおあつらえ向きに月もでていました。

05_201808231103445c5.jpg

こちらはすぐお隣の甘縄神明神社。長谷の灯りが有名になりすぎて、混雑するようになると、きっと穴場情報に登場するのではないでしょうか。

06_20180823110345711.jpg

長谷寺では拝観者全員に提灯が配布されます。この灯りがコンピューター制御で境内一円で同時に色を変えていきます。写真は長時間露光で、拝観者が歩く光跡を写したものです。
この他に、光則寺、収玄寺、御霊神社、極楽寺も参加して、本当に長谷、極楽寺地区全体でという雰囲気になっています。

テーマ :
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

haradahiroshi

Author:haradahiroshi
古都写真家・原田寛
鎌倉好き・和文化好きな方々と共に集うサークル「倶楽部 和」を主宰しています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク