FC2ブログ

奈良ツアー

恒例の関西ツアー報告です。奈良の下見が2泊3日、本番2泊3日、その後京都に移動して3泊3日、合計7泊8日のツアーでした。今日はそのうち前半の下見と奈良ツアーの報告です。下見は本番用に状態の良い撮影地を探すのですが目的ですが、朝食前の早朝や移動途中など、多少自分用の撮影も兼ねています。

057A4635.jpg

以前から気になっていた奈良の雲海景勝地、野迫川(のせがわ)についに行ってきました。下見の1泊目。明日香の宿を早朝3時に起床して、真っ暗な中を2時間かけての移動でした。それでもイメージ通りの撮影ができて、また2時間かけて宿に戻って朝食。残念ながら撮影時間を含めると、ここだけで5時間もかかってしまうため、ツアーでは行けませんでしたが、いずれは近くに宿をとってみんなで撮影したいと思っています。さあ、それからが下見です。

057A4687.jpg

このカットは談山神社の紅葉を下見して、夕方宿に戻る途中のカットです。明日香周辺の集落がこの地域特有の夕もやに霞んでいました。

057A4709.jpg

そしてメンバーと合流するため奈良駅に向かう途中、前夜の雨でしったりした空気感を活かした箸墓古墳です。卑弥呼の墓という説で注目の古墳ですが、なかなか写真にまとめることができないでいたカットです。でも古墳感が表現できていないのは残念です。

057A4730.jpg

そして、今回は京都スタートだったので上野は電車で京都駅に移動。その間にも奈良駅周辺の下見をしながら、奥山ドライブウェーからの大仏殿俯瞰カットです。夕景やサクラでは撮影していましたが、秋は初めてでした。

057A4737.jpg

057A4747.jpg


そしていよいよメンバーと合流。まずは小手調がてらに法隆寺近くの竜田川へ。百人一首にも詠われている紅葉の名所ですが、なかなか写真にはしにくい場所です。それでも以前に訪れた時よりはいくらかましな写真になりました。そして、逆光に透けた落葉があまりに美しかったので、日頃は撮影することがない公園風景まで撮影してしまいました。参加メンバーは背後に散策する人物を配置したりしていました。

057A4564.jpg

057A4795.jpg

そしてそのすぐ近く、生駒山腹の朝護孫子寺へ。昨年も訪れましたが、見落としていた落葉カットを今年は撮影できました。この寺はかなり広大な寺域なので、細かいカットを撮影しているとあっという間に夕刻に。帰路につくころには灯籠に明かりが灯っていました。

057A4798.jpg

翌朝は恒例の早朝撮影。宿から徒歩移動で浮見堂へ向かいました。何回も撮影している場所ですが、このほかにも真っ赤な紅葉をからめたカットなど、まずまずの成果でした、

057A4858.jpg

朝食をすませてから海住山寺へ。厳密には京都になりますが、奈良との県境にある寺です。ここも去年訪れていますが、やはり見落としているカットを撮影できました。

057A4682.jpg

奈良北部の撮影はこれでー段落。宿のある南部へ移動して壺阪寺へ。境外からの俯瞰撮影が、紅葉も真っ赤で印象的でした。

057A4871.jpg

そして長谷寺のすぐ前にある素戔嗚神社へ。あまり知られていない撮影地ですが、一面のイチョウ落葉が見事でした。

057A4882.jpg

同じ境内から、長谷寺を俯瞰することもできます。サクラの季節には撮影したことがあるのですが、紅葉は初めてでした。

057A4906.jpg

帰路に談山神社に立ち寄り俯瞰撮影をしていると、夕暮れの時間になったので境内へ。ライトアップの撮影です。何回も訪れている神社ですが、同じカットでもライトアップされるとまるで雰囲気が違って見えます。

057A4940.jpg

翌朝は宿の非常階段から日の出の撮影。大宇陀は柿本人麻呂の「ひんがしの野にかぎろいの立つ見えて・・・」で有名なかぎろい(朝の空が赤く染まる風景)の名所ですが、いざ撮影しようと思うとなかなか適地がありません。ところが宿にいながらにして撮影できるという絶好のチャンスでした。

057A4958_1.jpg

奈良を代表する紅葉の名所・正暦寺のすぐ近くにある弘仁寺。イチョウ落葉が美しいので、正暦寺よりも気に入っている場所です。

057A5000.jpg

そして解散地の京都に向かう途中、三室戸寺へ。残念ながら紅葉とイチョウ黄葉の共演は終わっていましたが、庭園周りの紅葉などさまざまなカットが撮影できました。

057A5020.jpg

そして宇治の平等院のすぐ近く、興聖寺へ。紅葉に彩られた長い琴坂と呼ばれる参道が有名ですが、残念ながら観光客がものすごい数で、とても人切れする状態ではなかったので、それでも撮影できるカットを工夫しました。

057A5033.jpg

すぐ近くの宇治神社、宇治上神社をめぐって今回の奈良ツアーは終了しました。奈良は地域が広大なため、移動距離が長くなり時間ロスもあります。それでも土地勘があって車両移動なので、12ヶ所の撮影ができました。公共交通機関の利用だと、奈良駅周辺を除けば、1日バスが2便というような所もあって、せいぜい1日2-3箇所というのが限界のようです。






プロフィール

haradahiroshi

Author:haradahiroshi
古都写真家・原田寛
鎌倉好き・和文化好きな方々と共に集うサークル「倶楽部 和」を主宰しています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク