FC2ブログ

奈良撮影旅行

奈良の撮影旅行から帰ってきましたが、今回は帰鎌後に不在中の仕事がたまっていたため、ご報告が少し遅れてしまいました。奈良のサクラはサライ.jpにも書きました通り、場所によって満開の時期がずれることに特徴がありますが、何と今年はどこもここも一斉に満開を迎えてしまい、タイミングもベストという恵まれた環境でした。そんな訳で有名な又兵衛サクラも、このタイミングでベストでした。

_M3U4067.jpg

以前にも撮影しているため、今回は鮮やかなモモのピンクを意識しながら、かなりアップの写真にも挑戦してみました。

_M3U4107.jpg

そしてこの写真は石舞台古墳近くの山の中腹から稲渕方面のサクラと段々畑です。通常は柿の実を前景に撮影する場所ですが、サクラが咲いていたので撮影。学術的なことではありませんが、この場所は日本の稲作が始まった地というイメージを持っているため、さまざまなカットを撮影しています。ツアーではワゴン車が通行できないため、残念ながらあきらめざるを得ませんでした。

_M3U4115.jpg

そして、聖徳太子が誕生した地に立つという伝説の橘寺のまん前、川原寺跡のナノハナとサクラです。この場所では一面にムラサキサギゴケが咲いていたので、ツアーではそちらを撮影しましたが、この写真は下見中のものです。

_M3U4116.jpg

そして、石舞台や川原寺跡からも近い、日本最初の寺院・飛鳥寺のナノハナです。本堂に巻かれている五色幕とサクラがアクセントになってくれました。

_M3U4195.jpg

今回はスケジュールの都合で下見は一泊だけだったので、夕景はこの一本に絞りました。甘樫丘の頂上から二上山の方向を向いて、シルエットがサクラです。ツアー本番では夕陽が期待できなかったのが残念でした。そして翌日の正午に奈良駅前で参加者と合流しました。

_M3U4252.jpg

今回は明日香周辺に二泊とも宿をとっている関係で、まずは奈良駅周辺のサクラ撮影。奥山ドライブウェイからサクラ越に見下ろした東大寺大仏殿と興福寺五重塔です。残念ながら青空には恵まれませんでしたが、奈良盆地らしい靄っぽい空気感で定番風景を撮影できました。

_M3U4324.jpg

そしてこの日の宿のテラスから撮影した寿幸桜。一般の人が知らない、撮影できないなどの事情もあるため、とても新鮮な印象の写真で、ツアー中で一番気に入っている写真です。

_M3U4347.jpg

移動途中で撮影した靄った三輪山です。この山も大和政権の原点のような印象があり、大神神社は日本初の建築物をともなった神社ということで、私がこだわっている被写体の一つ。いままで撮影した中で一番「まほろば感」がでているように思います。

_M3U4366.jpg

談山神社は境外からの撮影だけにしましたが、桜よりもハクモクレンがみごとでした。

_M3U4375.jpg

石舞台古墳周辺には毎年ナノハナがたくさん植えられているのですが、今年はその一部がショカツサイに変更されていました。年々訪れていると、奈良もすこしづつ変化があるようです。

_M3U4391.jpg

二泊した早朝、今回のメイン・吉野山へ。前日の雨の影響でかなり靄がでると期待していましたが、ほとんどでませんでした。それでも一瞬だけ全山が靄につつまれた瞬間です。

_M3U4484.jpg

ツアーのラストは白毫寺の五色椿。奈良では定番の風景ですが、実際には落ちた花が茶色に変色していたりして、なかなか撮影できません。この日はちょうど花まつりの法要があったためか、汚い落花が完璧に掃除されていて、奇跡的な写真になりました。撮れるまであきらめずに何回も通うことが肝心と再認識しました。




プロフィール

haradahiroshi

Author:haradahiroshi
古都写真家・原田寛
鎌倉好き・和文化好きな方々と共に集うサークル「倶楽部 和」を主宰しています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク