FC2ブログ

シリーズ奈良の写真4

奈良の写真です。奈良という土地柄は、なぜか朝夕の空気感に独特の雰囲気があります。そんなわけで今回は朝夕の風景を集めてみました。

10大神神社朝1011

奈良は日本が中央集権国家の道を歩み始めた場所です。その経済的バックボーンは稲作でした。そして、その時代から稲作に不可欠な水を供給してくれたのが三輪山です。科学がまだ発達していない当時、どうしてそれを知っていたかは不明ですが、人々はこの山を神と崇めました。これが大神神社(おおみわじんじゃ)の起源で、神道の誕生といっても過言ではありません。そんなわけで、私にとっては三輪山の夜明けは日本の夜明けと重なります。四季を通じて表情の違う写真を撮影している理由です。

17鳥見山朝景787B

ちょうどGWの頃、満開のツツジで有名な鳥見山の朝です。幾重にも重なる山襞の谷筋に朝靄がたなびいてくれます。

16明日香展望1002

こちらは明日香村の展望です。畝傍山の後ろにはこの地域のランドマーク・二上山がみえます。地元鎌倉と違って、明日香周辺では夕方になるとほぼ毎日のようにこんな感じの空気感に恵まれます。

15甘樫丘残照160405_002

同じ明日香村ですが、今度は甘樫丘の展望台から。すぐ目の下の和田池に夕陽が映り込み、奥には畝傍山と二上山が望めます。

13明日香細川棚田1008

同じ明日香村の細川地区。田んぼに水が張られ、早苗が植えられたちょうど今頃、二上山を背景に田んぼの水に夕空が映り込みます。この日は運良く光条もでてくれました。残念ながらこの時期はあまり花に恵まれないのですが、それでもこの光景を撮影したくて、5月末、こお為だけにわざわざ出掛けた時の写真です。

11明日香村夕景957

明日香村の八釣地区からの日没です。鎌倉で富士山の上に太陽が沈むのと同じ感覚で、明日香では二上山の沈む夕陽を地元の人は毎日追いかけています。
以上、朝夕の風景に共通していることですが、熱心な写真ファンを別とすると、これらの場所でこの風景を見ている観光客は基本的に全くいません。せっかく奈良までやってきて、こんな贅沢な風景を見ないで宿でゆっくり朝食や夕食を食べているのは、なんともったいないことだと思ってしまいます。

テーマ :
ジャンル : 学問・文化・芸術

シリーズ奈良の写真3

奈良の四季の写真です。一昨日に引き続き昨年撮影した中でのお気に入り写真。今回は寺社で撮影したものシリーズです。


長谷寺ボタン190428_028


まずは長谷寺のボタン。つい先日のGWの頃がシーズンですが、なかなかベストタイミングには出会えません。毎年のように通っていますが、今までにせいぜい3回くらいがまあまあの状態で、それ以外は空振りでした。そして、当たりの3回のうちでも、昨年の状態が一番良かったように思います。例年が状態が悪いのではなく、たまたまタイミングがズレているというだけだと思うと、地元でない歯痒さを感じます。


長弓寺アジサイ190616_012


ちょっとマニアックな写真ですが、個人的には擬宝珠フェチを公言していますから、そのシリーズの1枚です。背景の紫のボケはアジサイ、赤いボケは橋の欄干です。場所は奈良の西部、生駒山にも近い地域にある長弓寺。地元の人はいざ知らず、観光客はあまり訪れない寺ですが、アジサイが結構植えられていて、本堂の建物も国宝です。


弘仁寺シオン190924_007


紅葉の名所で名高い正暦寺のすぐ近くにある弘仁寺。イチョウ黄葉も見事ですが、何といってもシオンの寺。毎年秋には訪れていますが、いつも少し遅い感じで花の色が若干白っぽく感じていました。パーフェクトではないかもしれませんが、昨年は比較的花色が濃くて、やっと出会えたという印象でした。

 

飛鳥寺界隈ヒガンバナ190925_005


葛城一帯のヒガンバナはものすごい量感ですが、飛鳥はささやか。田んぼのあちこちにみられるのですが、いざ写真にまとめようとすると難物です。写真は飛鳥寺の本堂を背景に、ヒガンバナとともに秋の稔りを表現しようとしたカットです。イネを入れたことで、ちょっと寂しいヒガンバナの量感を感じないですみました。


円成寺紅葉191106_011


最後は京都との県境にある円成寺です。若き日の運慶作、国宝の大日如来で人気の寺です。国重文の楼門の開口部越しに浄土式庭園の紅葉を撮影しました。楼門の雰囲気がどこというわけではないのですが、とても気にいっていて、こんなマニアックな角度の撮影になりました。庭園は奈良県内に残る唯一の浄土式庭園ですから、当然楼門を背景に撮影しています。ただ、この寺の立地から、紅葉シーズンに訪れるといつも終わっていて、それに気がつくまで、随分空振りを続けていました。最近ここは11月の初めと決めてからは美しい紅葉に確実に出会えるようになりました。



テーマ :
ジャンル : 学問・文化・芸術

シリーズ奈良の写真2

鎌倉が続いたので、今回は奈良です。去年1年間に撮った写真の中で、自分なりに気に入っている写真をピックアップしてみました。今回はあえて寺社境内を避けて、自然風景でまとめてあります。


小墾田宮跡夕景190618_027

 

小墾田宮跡(古宮遺跡)の夕景です。田んぼの間の畦道に咲くヒガンバナが有名な場所ですが、田植えの時期に田んぼに映り込む夕陽も魅力的です。背景に大和三山の一つ畝傍山が入ることがポイントです。外出自粛が解除されれば、ヒガンバナの季節にまた訪れたい場所です。いままでに2回挑戦していますが、まだベストの状態に出あえていません。今年こそはと思っています。


飛火野シカ190618_040

 

奈良の象徴といえばシカ。東大寺や興福寺、春日大社の境内にもたくさんいますが、飛火野が一番のびやかな姿で、奈良らしい雰囲気を感じます。シカは秋に角切りをしますが、春を過ぎた頃には、新しい角が結構立派になっています。若い角は産毛が生えていて、朝の逆光で撮影するとエッヂが輝いてくれます。


雷丘界隈のハナショウブ190618_008

 

雷丘(いかづちのおか)界隈をロケハンしていて偶然見つけたハナショウブです。稲の生育にはまるで関係ないと思うのですが、なぜか田んぼの畔に植えられていました。


藤原京ハス(即非蓮)190802_010

 

藤原宮跡のハスです。何回か撮影していますが、今回が一番花の状態が良く、満開感がありました。この場所は行政が熱心なのか、春のサクラとナノハナ、夏のハス、秋のコスモスと四季を通して被写体に恵まれています。この場所が気にいっているのは風景にスケール感があって、背景には明日香の象徴・大和三山や二上山を配置できることです。この写真では背景のオレンジ色の柱がポイントですが、発掘調査でわかったかつての柱跡です。


飛鳥寺界隈コスモス190925_006

 

これが去年一年の奈良の写真の中でマイグランプリです。コスモスは群生というほどでもないし、ヒガンバナも立派な場所が他にあります。日本最初の寺院といわれる飛鳥寺界隈の田んぼの中のどうということのない場所なのですが、なぜか明日香地域特有なのびやかな雰囲気がストレートに伝わってきます。私の好きな明日香はこんなイメージだ!!といえる雰囲気に仕上がってくれました。

テーマ :
ジャンル : 学問・文化・芸術

シリーズ奈良の写真

海、京都とお届けしてきましたので、今回はちょうど今頃の奈良です。
風景写真の原点ともいえる入江泰吉の大和路の写真は、いわば中央集権国家としての日本の原点という幻影を創り出してくれました。そんな魅力に取り憑かれて私も古都を撮影するようになったのかもしれません。大和路はさまざまな魅力がぎっしりと詰まった撮影地ですが、とりわけゴールデンウィーク前後は被写体が豊富な季節です。そんなわけで今年もこの時期に奈良へ行こうと思っていましたが、他県への移動自粛ということで、残念ながらあきらめざるをえませんでした。

01室生寺シャクナゲ090519_001

土門拳の『古事巡礼』でも取り上げられている女人高野・室生寺の鎧坂とシャクナゲです。奈良を撮り始めたころ知り合った地元のハイアマチュアの人からは、本当の満開は3年に1度位と教わりましたが、この写真が今まで出会った中では最高の状態でした。奈良を代表する風景なのでとても人気があって観光客の数もかなり多くなりますから、この写真のように長い参道を入れたカットを無人状態で撮影するのは至難の技。当然ながら開門と同時に入るのですが、それでも人切れを待つのにそうとう時間がかかってしまいます。

02長谷寺ボタン190428_041

この時期を代表するもう一つの花が長谷寺のボタン。どのくらい通ったかわからないくらいですが、この写真のように花数が多かったのは後にも先にもこの1回だけです。地元に住んでいればで1シーズンに何回も通うことができるのですが、AWEY撮影の宿命です。4月の末に室生寺、5月頭が長谷寺の最盛期と思っているのですが、なかなか思うようにいきません。

03長谷寺新緑12_001120708

長谷寺のボタンは広い境内のあちこちで、かなりのカット数が撮影できるので、かなり満腹気分になります。それでも欲張って被写体探しをしていると細かいカットですが、金堂(本堂)の床緑。この季節は新緑も美しいので、被写体に困るということはまず考えられません。

04談山神社新緑15_0003

そう、新緑と言えば談山神社。奈良の紅葉を代表するといっても過言ではない談山神社は、この季節には新緑の名所となります。乙巳の変(大化改新)に際して中大兄皇子と中臣鎌足が密談したという歴史が社名の由来だそうです。鎌倉がらみでいえば、源頼朝に追われた義経も一時ここに隠れていて、地元には義経鍋という料理もあります。

05春日大社フジ777

そして春日大社の砂ずりのフジ。今は砂をするほど花房は長くありませんが、それでもフジといえばここといった印象です。もちろん藤原氏の氏神というイメージにつながっているということもあります。大きな神社ですが、実際に撮影する場所はそれほど広くないので、早朝に訪れるようにしています。
11年間の解体修理のために撮影できなかった薬師寺の塔と朝日の写真から始まって、久しぶりに春日大社、談山神社、長谷寺、室生寺と、この季節のゴールデンコースを巡る予定だったのですが・・・

06行者還サクラ190428_026

ゴールデンコースに対して、こちらはアクセスが極端に悪いので一般観光客はまったく訪れませんが、写真愛好家の間では近年大人気のなめご谷のサクラです。奈良の撮影地は結構高低差があるので、ちょっと標高が高いとこの季節に満開を迎えることになります。奈良駅周辺からだと3時間近く、明日香からでも2時間近くかかる場所なので、地元の人はSNSでまめに情報交換をしています。これに便乗して訪れるタイミングを調整していますが、ベストに出会えるにはあと何年かかるのか見当がつきません。

08葛城山ツツジ00_032

季節的には5月の半ば過ぎになりますが、ツツジの名所として多くの観光客を集める葛城高原。明日香から西に30分ほどの場所で、かなり長いロープウェイに乗って山の上まで移動します。秋には曽爾高原と人気を二分するススキの名所ですが、この季節は全山ツツジの花に覆われます。なかなかない壮感な風景です。

07船宿寺ツツジ

葛城市の少し南、御所市にあるツツジで有名な寺です。ただ、残念ながらゴールデンウィークだと、ほんの少しタイミングが早く、葛城高原の季節ではちょっと遅いというAWAYには難しいタイミングで満開を迎えるために、まだパーフェクトな状態に出会えていないのが残念です。

09飛鳥川新緑170429_001

そして、最後は飛鳥川の新緑。まさにこの写真のようなイメージを前から抱いていたのですが、なかなか撮影地を発見できないでいました。まったくの別件で石舞台古墳の裏にある稲淵集落の飛鳥川上坐宇須多岐比売命(あすかかわかみにいますたきひめのみこと)神社という、日本一長い名前の神社を訪れた帰り道に偶然みつけました。写真は有名所の決めカットも良いのですが、このような発見カットを見つけるのもまた違った嬉しさがあります。
ところで、STAY HOME対策の「シリーズ海の写真」と「シリーズ古都の写真』は本日でめでたく連続10日のアップとなりました。通常は月に1-2回のペースですから、これはまさに偉業といってよいでしょう(自画自賛です)。まだまだ続きそうな外出自粛。憂さ晴らしにもう少しお付き合いください。

テーマ :
ジャンル : 学問・文化・芸術

外出自粛

緊急事態宣言はいつまで続くのでしょうか。こんなご時世に撮影などしていると、どんな非難を浴びるか分からないという心配と、ずっと自宅に籠っているストレスの間で鬱々としている毎日です。私と同じように、春爛漫のこの季節に撮影したくて仕方がない、あるいは古都めぐりをしたくて仕方がない人は、せめてこのブログで花風景をお楽しみいただければと思います。3月の奈良撮影ツアーとそれに続く『古都櫻』展期間中の朝に撮影した写真です。思えばこれが正々堂々と写真を撮れる最後の瞬間。この時現在、奈良はまだコロナ自粛の雰囲気がほとんどありませんでした。

ささやきの小径アセビ200322_008

ツアーメンバーとの合流前に撮影した写真で、春日大社「ささやきの小径」のアセビです。結構有名な場所で、志賀直哉が好んで散策していたそうですが、訪れたのは今回が初めて。アセビの満開は少し過ぎている感じでしたが、無理やり写真にしました。個人的にはこんな雰囲気が大好きなのですが、少し地味すぎるかと思いツアーメンバーはご案内しませんでした。

氷室神社シダレザクラ200323_002

氷室神社シダレザクラ200323_006

メンバーと合流してまず向かったのは氷室神社。奈良一番の早咲きザクラの名所ですが、肝心のサクラは寿命なのか病気なのか、ばっさり枝を斬られて無残な姿に変わっています。でも、まるで代替わりしたかのような木が脇に植えられていて、それを初めて本気撮りしました。

海龍王寺ユキヤナギ200324_010

奈良でサクラと同じ季節に咲くユキヤナギといえば海龍王寺。写真というのは面白いもので、毎年のように訪れている場所ですが、今年が一番よかったように感じました。同じ晴日でも微妙に光線状態に違いがあって、今回のユキヤナギが一番明るく輝いているように見えました。

朝の薬師寺200324_055

朝の薬師寺200324_048

翌朝は奈良の朝景色の代表、大池越しの薬師寺に夜明け前から向かいました。あまりに有名な風景ですが、塔の修復工事のため11年間撮影できなかったカットです。そんな訳で最近関西ツアーに参加するようになった人にとっては初のカットです。塔と塔の間から朝日が昇るベストシーズンは5月と8月なのでまだカメラマンはほとんど集まっていませんが(季節になると百人以上が集まってきます)、久しぶりの機会ということでとても新鮮。11年も間が空いていると、見え方、感じ方にも変化があってと、季節外れもなかなか良いものだと思いました。

稲渕レンギョウ200324_004

稲渕ケイオウザクラ200324_007


この後は奈良駅周辺から離れて、明日香方面へ移動しました。石舞台の背後、稲淵周辺は私が日本の稲作の原点という幻影を感じている場所(学術的には違うようですが)。この季節はまだ田んぼに水はありませんが、ケイオウザクラやレンギョウなどをこまめに拾って撮影しました。この明日香特有の風景が大好きです。

橘寺ナノハナ200324_012

聖林寺サクラ200324_005

同じ明日香地区の橘寺のナノハナ。昨秋には彼岸花を撮影した場所ですが、同じ場所でも季節が違うとまるで違う表情です。そして、下の写真は聖林寺のサクラ。白洲正子が愛した十一面観音で有名な寺ですが、風景写真としてはサクラとナンテン位しか撮影できません(さすがに観音さまも一度は拝観しています)。
メンバーとはこの他に当麻寺にも行きましたが、写真展期間中に一人で行ったときの写真と合わせて以下で紹介します。

稲渕界隈サクラ200330_001

そしてこれも写真展期間中に一人で撮影したものですが、同じ明日香周辺の名も無い場所のサクラです。何もないのですが、ひろびろとした風景がいかにも明日香らしくて気に入っています。

当麻寺サクラ200323_007

当麻寺といえばこれ、塔と護念院のサクラという定番カットです。

当麻寺サンシュユ200323_004

当麻寺ハナミズキ200323_001

当麻寺ハクモクレン200323_003

当麻寺シモクレン200327_001

そして、奥院に入るとまずサンシュユが出迎えてくれ、さらに進むとヒュウガミズキを背景に飛び石の上には落椿が。ハクモクレンも奥院、シモクレンは西南院と、当麻寺は境内も広く、塔頭もいくつもあるので、タイミングさえ良ければ、いくらでも撮影対象がある感じで、随分予定外のカットが撮影できました。

当麻寺サクラ200323_038

そしてこれもメンバーと訪れた時の護念院のサクラです。

当麻寺サクラ200327_065

当麻寺サクラ200327_067

メンバーと訪れた時は晴れ日でしたが、個人的に訪れた時は小雨が降る中だったので、同じ奥院のサクラもまるで表情が違いました。

当麻寺サクラ200327_072

当麻寺のサクラで今回の一番の拾い物がこのカットです。すぐ近くにある専称寺という小さな寺に向かう途中に偶然みつけた境外からのカットで、靄っている空気感が魅力的でした。背景は二上山へと続く山並みです。

専称寺シダレザクラ200327_006

当麻寺の遠望カットはこの寺に向かう途中で発見したものです。小さな寺庭いっぱいに大きなシダレザクラが一本あるだけですが、実に見事な木で夜にはライトアップもされるそうです。

若草山より東大寺俯瞰200328_012

若草山アセビとサクラ200328_003

写真展期間中は雨の日が多かったので、朝靄が出やすい日が続きました。そんなある朝、若草山に登ってモヤの中の大仏殿を狙いましたが、もう少しモヤが欲しい感じでした。この日が2回目のチャレンジで、1回目は靄が濃すぎて、今回は不足気味。なかなか理想的な状況には出会えません。ただ、ついでカットで霧の中のアセビとサクラが撮影できたのは思いがけない成果になりました。

衾田陵界隈サクラ200329_003

早朝の明日香からの帰り道に偶然見つけた衾田陵あたりのサクラの群生。車では近寄れる道を発見できなかったので、仕方なく500ミリで狙いましたが、それがかえって空気感の強調になったのかもしれません。

吉野山雲海200330_013

吉野山雲海200330_001A

写真展終了の翌日、展示のお手伝いをいただいた高橋典行さんが吉野の金峯山寺で写真展開催中ということで、夜明け前から吉野山へ。奈良で雲海といえば野迫川と思っていましたが、吉野でこんな雲海が撮れるというのも今回何回か食事に伺った奈良町の中華料理屋さんに教えてもらった情報です。奈良で多少人脈ができて、地元情報を教えていただけることに本当に感謝でした。奈良の人は優しいです。

吉野朝跡サクラ200330_006

吉野山には毎年のように出かけていますが、金峯山寺の堂内には今回初めてはいりました。それやこれやで出会った境内の吉野朝跡のサクラです。晴天の日に再度撮影したいカットでした。

杣之内のサクラ200330_003

そしてその帰り道、杣之内の一本桜です。ツアー中にもおとずれましたが、タイミングが少し早くて残念でした。写真展期間中に開花してくれましたが、やはり晴天の青空でも撮影したいところです。地元ではない悲しさですが、背景の靄りも味ではありました。
今回は1泊2日の短いツアーと写真展期間中の朝だけという変則スケジュールでしたが、滞在期間が長かった分だけ朝の数も増えて、朝景色や靄っぽい写真はたくさん撮影できました。写真は朝夕という言葉もあるくらいですから、そういう意味ではよかったのかもしれません。それにしても、1日も早く正常体勢で写真が撮影できる日常を取り戻したいもの。そのためにも今は自粛、自粛ですね。






















テーマ :
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

haradahiroshi

Author:haradahiroshi
古都写真家・原田寛
鎌倉好き・和文化好きな方々と共に集うサークル「倶楽部 和」を主宰しています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク